スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCとまるとまる

じぇじぇじぇwwPCがよくとまるwwwwwそしてwwwwwぶち切りwwwwwwww
そのwwたびにwwwクッキーがwwwww削除されてwwwwwwwwwwwwww
めwんwどwくwさwいw

笑う門には福来るってね、昔のお偉いさんが言ったような気がするよ
 PC変えたい

昨日はDVDで映画観ました(正確には夜の12時半からだから今日か
「天使と悪魔」です。
ん?
どこかの患者さんが好きそうな名前のような気がしたけど気のせいか
まぁとにかく12時半から見たから眠いんすよね
以下感想(ネタバレ有)
あらすじ
ハーバード大学のロバート・ラングドン教授は、ある日セルンの所長、マクシミリアン・コーラーからとある紋章についての説明を求められる。その紋章は、同研究所の科学者レオナルド・ヴェトラが何者かによって殺害された際、彼の胸に焼印として押されていたものだった。レオナルドは最近、核エネルギーを凌駕する反物質の生成に成功しており、その反物質も犯人によって盗まれていたことが判明する。ラングドンはその紋章を、伝説的な秘密結社・イルミナティのものと断定するが、犯人と結びつけることには躊躇していた。彼は手がかりを求め、殺害されたレオナルドの娘、ヴィットリア・ヴェトラとともにローマへと向かう。

一方ローマでは、新しい教皇を選出するコンクラーベの真っ最中であった。にもかかわらず、新教皇の有力候補(プレフェリーティ)の4人が揃って失踪していることに、コンクラーベ進行役の枢機卿であるモルターティは苛立ちを覚える。さらに、離れた場所では、ヴァチカンの警護を任されたスイス衛兵隊隊長、オリヴェッティのもとに監視カメラから奇妙な映像が映し出されていた。そんな中、前教皇の侍従、カルロ・ヴェントレスカのもとにイルミナティを名乗る者から突然の電話が鳴る。かつて科学者を弾圧したキリスト教会に復讐するため、1時間に1人ずつ、拉致した新教皇候補を殺害してゆくという。

殺害が行われる場所のヒントに気付いたラングドンは、殺害を阻止し、盗まれた反物質を発見すべく推理と追跡を開始する。



はっきり言って、むずい
途中こんがらがった僕ゆとり乙です。
で、途中ちょいちょい思ったのは、前回の「ダヴィンチ・コード」よりアクションというかCGというか壮大になったという事
売れたからしゃーないか、そりゃお金入ったら次はCG使いたくなるよ
結構グロ入ってます。宗教がテーマだからしょうがないのだろうけど

要は
キリスト教会のあるAさん(カルロ・ヴェントレスカ)がイルミナルティという仮想敵をつくる。
(イルミナルティは存在するものの復讐は嘘)
そしてAさんは自らを被害者の様にして、最後はAさんが雇ったイルミナルティ役の殺し屋がセットした反物質爆弾をヘリを操縦し空高く舞い上がり、そこで爆発させ都市は助かり自分はパラグライダーで戻って来、表向きは英雄だった(一時的
しかし亡くなった教皇が仕掛けて置いた監視カメラでAさんの策謀がばれ、Aさん自殺
表向きはパラグライダーで降りてきたときに内臓を損傷し死亡と公表された。
なお、↑の様に嘘の報道や、テレビ局が集まってきたときにそれぞれ違う事実を述べている事から
マスコミは情報が確かではないのに大々的に報じる金の亡者で、報じられているのはほとんどが嘘。
という暗示をしていた。
そして新しい教皇がなんとか助かった四人目のプレフェリーティとなり
ばんざい、ばんざい。
終わり










まとめてねーやこれ、わかりづれぇぇ 
しかもめっちゃ内容飛ばしてるし


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ゲーム、漫画、日記とか 月光です。
今日の記憶閲覧者
ガジェットギャラリー オリジナル・グラフ付き簡単アクセスカウンターガジェットはやっぱりガジェットギャラリー!
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
時計
アンケート

無料アンケートブログパーツqtown
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。